どんな保証があるのか知ろう

>

プライベートな事情ではダメ

非正規雇用の人たち

多くの会社には、正規雇用と非正規雇用の人がいると思います。
非正規雇用には派遣社員やパート、アルバイトの人が含まれていますが、そのような人は保証を受けられません。
残念ですが、保証は正規雇用の人だけを対象としている制度です。
ですから正規雇用をしてもらえるチャンスが訪れた時は、絶対に逃さないでください。

普段から真面目に働き、会社に貢献することで自分の能力を認めてもらい、正規雇用してもらいやすくなります。
会社に、どんどん自分の存在をアピールしてください。
また非正規雇用の人は、ケガや病気をしないように、用心して働くこともポイントです。
1回でも休業することがあれば、自分の居場所がなくなってしまうかもしれません。

個人的な理由で休む際

旅行に行くなど、プライベートなことが理由で仕事を休む場合は、保証の対象外になります。
また仕事に関係なくところでけがをして、働けなくなった時も対象外になると覚えておきましょう。
本当は保証の対象外なのに、嘘をついて申請することは控えてください。
偽の書類を用意して申請すると、後で嘘だとばれた時に大きなトラブルに陥ってしまいます。

警察に捕まることも考えられますし、会社をクビになるでしょう。
そのようなトラブルが起こらないよう、保証を受けられるのは会社側に問題があった時だけと理解してください。
またいざという時のために、どこに申請すれば良いのか、申請する際に必要な書類は何なのか調べておくことをおすすめします。


この記事をシェアする